エンタメ

【マツコの知らない世界】令和の四天王ギャルは誰?ギャルメイク術公開!

マツコの知らない世界ギャル

今回は【マツコの知らない世界】に出演する、現役egg編集長の赤荻瞳さんから最新のギャル事情やギャル文化、また令和のギャル雑誌に登場する個性派四天王を紹介されます。

令和時代の個性派四天王ギャルとは誰のことなのか?

さらに四天王ギャルに習う、新たな自分を作り出すメイク術などをまとめました。

 

 

【マツコの知らないギャル雑誌の世界】現役egg編集長の赤荻瞳さんとは?

現役egg編集長の赤荻瞳さんプロフィール

< 赤荻瞳さんプロフィール>

名前:赤荻瞳(あかおぎ ひとみ)
生年月日:1996年9月6日
出身地:埼玉県
職業:egg編集長、MRA代表取締役

赤荻瞳さんといえば、休刊になったギャル雑誌「egg」を復活させた凄腕編集長で有名です。

小学校(10歳)の頃から、ギャルファッションに興味があり、中学校の頃にはピンクのシャツにルーズソックスを履いて登校していたそう。

埼玉県出身の赤荻瞳さんは、「ギャルが一番多い高校」と有名な『さいたま市立大宮西高校』に進学して、ギャルを極めようと思ったが、自分が通う頃には規則が厳しくなってしまい、ギャルはほとんどいなくなっていました。

しかし、赤荻瞳さんはギャルで居続けたいと思い、高校生時代に渋谷で1000人規模の“ギャルサー活動”を運営し、高校は1年で中退しました。

その後、赤荻瞳さんが17歳の時に愛読してた「egg」が休刊になり相当ショックを受け、広告制作会社(※渋谷のつながり)で働いていた赤塚さんは社長から復刊の話を聞き、自ら編集長へ立候補したのだという。

まだ21歳でしたが、ギャル知識とギャル愛は断トツにあり、「egg」復刊に大きく関わった人物いわれています。

 

 

【マツコの知らないギャル雑誌の世界】令和の個性派四天王ギャルとは誰のこと?

この番組で放送されているように、令和の四天王ギャルとは誰のことなのか?

それについて、まとめてみました。

 

まぁみ(小田愛実さん)

19歳

エロカワ蛍光POPの女神

 

この投稿をInstagramで見る

 

まぁみ(小田愛実)(@maaaami79)がシェアした投稿

 

ゆずは

18歳

うさギャルの先駆者

 

あいめろ

21歳

ニュータイプ肌見せの開拓者

 

この投稿をInstagramで見る

 

あいめろ姫(@aisyu0101)がシェアした投稿

 

 

きぃりぷ

19歳

チェーンベルトの魔術師

 

この投稿をInstagramで見る

 

きぃぃりぷ(@kyiiripu.friedegg)がシェアした投稿

 

 

【マツコの知らないギャル雑誌の世界】令和の個性派メイク術公開!

今主流のナチュラルメイクは、元々可愛い顔の子にしかできない、、、

でもギャルメイクというのは、可愛くなくても可愛くなれる。元々可愛いくない子の受け皿になっているのが「ギャルメイク」とのこと。

りあな(18歳)~整形級ギャルメイク~

いいとこのお嬢様、りあなさん。

幼少期から容姿にコンプレックスがあり、ギャルメイクに出会い自分を変えられたそうです。

整形級ギャルメイクのポイント

  1. アイラインを一般的な長さの3倍にする!
  2. まぶたの下にオーバーラインを引く

おすすめアイライナー

 

 

みりちゃむ(19歳)~童顔脱却!ハーフギャルメイク~

童顔脱却ハーフギャルメイクのポイント

  1. 大人っぽさを出すため、フチなしの色素薄めのカラコンを使用
  2. ブラウン系のアイシャドウを縦のグラデーションで塗る

紹介していたアイシャドウは「ケイト ブラウンシェードアイズN」

 

 

えりぴ(17歳)~鬼ライン詐欺メイク~

鬼ライン詐欺メイクのポイント

  1. アイラインの目尻を垂れて跳ね上げる
  2. ペンシルアイライナーを使って跳ねさせたアイラインを目の下に繋いで塗る

 

 

せいな(19歳)~ギャル×チャイボークメイク~

ギャル×チャイボークメイクのポイント

  1. アイシャドウは濃いめの色を使い普段の3倍濃く塗る
  2. アイラインは極太で色がより濃いもので横長に引く
  3. リップはとにかく発色するものを使う

色の濃いアイライナーは「ラブライナー」が断トツでおすすめ!

 

 

まとめ

【マツコの知らない世界】に出演していた、現役egg編集長の赤荻瞳さんの情報から、四天王ギャルとは誰なのか?

四天王ギャルのメイク方法などもまとめてみました。詳しい情報などが入り次第追記していきますね!是非、参考になれば嬉しいです。