SUQQU

TOMFORD(トムフォード)とSUQQU(スック)のアイシャドウ比較!粉質と質感をチェック!

トムフォード対スック

お気に入りのアイシャドウの質感、粉質の比較をしてみました。

いつも使用しているSUQQU(スック)のアイシャドウと、新しく購入したTOMFORD(トムフォード)のアイシャドウ、どちらの方が粉質&質感は良いのか?

どちらもデパコスなのでお値段はそこそこします( ゚Д゚)

気になったので、少し贅沢な比較をしてみたいと思います!!

 

TOMFORD(トムフォード)とSUQQU(スック)のアイシャドウの粉質と質感は?

粉質とか、質感とか何?と思う人もいると思います。

この記事では、美容家の方やユーチューバーの人たちが使ってる『粉質・質感』の意味を表にまとめて記載しています。

ざっくりと例えるとこんな感じです。

粉質は→アイシャドウの質
質感は→肌に付けた時の感触

 

TOMFORD(トムフォード)アイシャドウ】

商品名:アイカラークォード25番 プリティベイビー
価格:¥10,120(税抜)

トムフォードアイシャドウ

Cの偏光パールが気になって購入したアイシャドウです!
他では見たことないような、青く光る偏光パールがお気に入り!

トムフォード

 

【SUQQU(スック)のアイシャドウ】

商品名:デザイニング カラー アイズ #01 優芍薬 – YUUSHAKUYAKU
価格:¥5,801(税込)

スックアイシャドウ粉質

2019年からずっと愛用しているスックのアイシャドウ01番。
デパートの売れ筋でも、ずっとNO1の商品です。

どんな時でも使いやすいので、仕事しているときからずっと愛用しています。
オフィスでも浮かないカラーなので、誰にでも好かれるカラーですね。

1個持っておくと便利です。粉質もかなり良いので初心者の方でも簡単にぼかすグラデーションができます。

では、以下に粉質と質感を表にまとめてみました(*’▽’)

TOMFORD(トムフォード)SUQQU(スック)のアイシャドウ粉質&質感の比較表

【粉質】

TOMFORD(トムフォード) SUQQU(スック)
発色 一度塗りで充分カラーが出る 一度塗りで充分カラーが出る
色持ち(濁りなど) 時間が経っても濁らない  時間が経っても濁らない
粉とび 瞼に付けた後、粉とびしない 瞼に付けた後、粉とびしない
ツヤ感 パールのツヤ、ラメのツヤ両方有り パールのツヤ有り
ラメ感 小さいラメ、偏光ラメ 小さいラメ
透明感 有り 有り

 

【質感】

TOMFORD(トムフォード) SUQQU(スック)
しっとり感 クリーミー 少しクリーミー
ウェット感 あり トムフォードよりウェット感なし
サラサラ感 少しサラサラ サラサラ
伸び とても伸びが良い とても伸びが良い
密着度 瞼に密着している 瞼に密着している
プレス(固さ) 指で取った感触は柔らかい  指で取った感触は柔らかい
ブレンディング(ぼかし) ぼかしやすい ぼかしやすい

TOMFORD(トムフォード)とSUQQU(スック)のアイシャドウを比較した感想

どちらも似ている粉質と質感で比較しずらい印象でした(*ノωノ)
唯一、比較できるところはウェット感とサラサラ感なところです。

TOMFORD(トムフォード)⇒スックよりもウェット感あり。
SUQQU(スック)⇒トムフォードよりもサラサラ感あり。

トムフォードの方が、より肌にピタッと密着するウェット感があり、スックの方は細かい粒子で肌に密着するさらさらしたアイシャドウのイメージです。

 

まとめ

どちらも引けを取らないほどの、粉質&質感の良さにびっくり!

似たアイシャドウなので、あとはどちらの色が気に入るかどうかだと思います。

トムフォードとスックのブランドイメージも全く違うので、発色や色使いが似ていません。このブランドは色で選ぶのが正解かなと思いました!

比較レビュー、参考になればうれしいです(*’▽’)

TOMFORD(トムフォード)とDIOR(ディオール)のアイシャドウを比較!粉質と質感が良いのはどっち?アイシャドウを選ぶ中で、大切にしているのがカラーの発色の良さと、粉質の良さ&質感です。 私は奥二重なので、粉質が悪いと目の中にアイ...