Dior

TOMFORD(トムフォード)とDIOR(ディオール)のアイシャドウを比較!粉質と質感が良いのはどっち?

アイシャドウを選ぶ中で、大切にしているのがカラーの発色の良さと、粉質の良さ&質感です。

私は奥二重なので、粉質が悪いと目の中にアイシャドウの粉が入ってきてしまいます。なので、粉質&質感にこだわりを持っています。

一重の方も、それを気にしている人は多いのではないでしょうか。

あまり知られていない、このアイシャドウの粉質&質感に関して私はこのブログで書いていきたいと思います。

愛用しているDior(ディオール)のアイシャドウと最近仲間入りしたTOMFORD(トムフォード)のアイシャドウと比較してみました(*’▽’)

TOMFORD(トムフォード)とDIOR(ディオール)のアイシャドウの発色と粉質&質感は?

【TOMFORD(トムフォード)のアイシャドウ】

商品名:アイカラークォード25番 プリティベイビー
価格: ¥10,120(税込)

2~3度塗りして、この発色。どのカラーも肌に密着しています。

トムフォード

 

【DOIR(ディオール)のアイシャドウ】

商品名:サンク クルール 567 ADORE
価格: ¥9,438(税込)

3~5回塗ってこの色の感じが出ました。キラキラ大粒ラメが可愛いですね!

ディオールアイシャドウ体験

2つのアイシャドウの粉質と質感を比べてみました。

TOMFORD(トムフォード)DIOR(ディオール)のアイシャドウ粉質&質感の比較表

【粉質】

TOMFORD(トムフォード) DOIR(ディオール)
粉の粒子 とても細かい 細かい
発色 一度塗りでカラーが出る 三度塗りでカラーが出る
色持ち(濁りなど) 時間が経っても濁らない  時間が経っても濁らない
粉とび 瞼に付けた後、粉とびしない BゴールドとDシルバーラメは少しラメ飛びする
ツヤ感 パールのツヤ、ラメのツヤ両方有り パールのツヤとても有り
ラメ感 小さいラメ、偏光ラメ BとDは大粒のラメ、ギラギラ感
透明感 有り 無し

 

【質感】

TOMFORD(トムフォード) DOIR(ディオール)
しっとり感 クリーミー シルキー
ウェット感 あり 無し
サラサラ感 少しサラサラ サラサラ
伸び とても伸びが良い 普通
密着度 瞼に密着している 瞼に少し密着している
プレス(固さ) 指で取った感触は柔らかい  指で取った感触は固い
ブレンディング(ぼかし) ぼかしやすい 少しぼかしにくい

TOMFORD(トムフォード)とDIOR(ディオール)のアイシャドウを比較した感想

TOMFORD(トムフォード)とDior(ディオール)のアイシャドウの発色、粉質&質感を比べてみた結果、

発色はどちらも、優れていました!
時間が経過しても濁らず、色持ちもよかったです。

カラーに関してはDior(ディオール)の方がバリエーション豊かで楽しいですね!
鮮やかな原色系のカラーが多いため、華やかさを求めるならDior(ディオール)がオススメかと思いました。

ラメに関しても、Diorのアイシャドウの方が大粒のラメが入っていて、ラメ好きにはたまらないと思います!

トムフォードは、シックでスモーキーな色合いが多く、他のブランドにはないカラーバリエーションがあるので上級者にはトムフォードがおすすめ!

パールや偏光ラメが入っている珍しいカラーも多く、普段のアイシャドウに飽きたらトムフォードが断然おすすめです!

 

粉質&質感に関しては、TOMFORD(トムフォード)の方が優れていると思ました。

TOMFORD(トムフォード)の粉質は柔らかく、ウェット感もあって塗りやすいと思いました。
Dior(ディオール)の粉質は少し固いなと感じます。

固いアイシャドウは何度も塗り重ねる必要があるので、TOMFORD(トムフォード)の方が塗りやすく、肌に密着するので質感の良さをとても感じます。

アイシャドウの水分量もTOMFORD(トムフォード)の方が多く、とてもなめらかです。
粉質&質感で選ぶなら断然TOMFORD(トムフォード)推しです!

まとめ

2つのアイシャドウを比べてみましたが、いかがでしたか?

粉質&質感の良さは、粉落ちが気になる奥二重や一重の人でも使用しやすくなるので、とても重要なポイントです。

良かったら参考にしてみてください。

トムフォード対スック
TOMFORD(トムフォード)とSUQQU(スック)のアイシャドウ比較!粉質と質感をチェック!お気に入りのアイシャドウの質感、粉質の比較をしてみました。 いつも使用しているSUQQU(スック)のアイシャドウと、新しく購入した...